「高い」はいくらから高いのか?

とある社長からの悩みで
「社員が自社の商品が高い」と言うそうです。
これは
・売れない営業社員が「金額が高いから売れない」と言う
・請求担当が金額を見て「こんな金額請求するの!?」と思う
・債権回収担当が顧客から「高いから払えない」と言われたのに同調して言う
様々例がありますが、一概に言えることは
「金額に見合う商品・サービスを提供していればどんな金額でも『高い』なんてことはない」
その商品・サービスの持つ価値を顧客に提案できないこと、社員自身が理解していないこと、何より自社の商品に自信を持てないことが、社員自身が「高い」と思うことにつながります。
「足りないのは商品の機能向上でも、価格の調整でもなく、社員教育なんだ」
その社長も分かっていらっしゃいました。
金額が大きくなればなるほど、接する社員の対応一つでも不安や不満になることもあります。
その社員が自信をもって対応してもらえるのか、おどおどと対応するのかで大きく違います。
逆を言えば、そこが改善されるだけで顧客の満足度はもちろん、成約率だって変わってくる可能性があります。
はじめの一歩。
「高い」は「価値と商品・サービスが見合っていないから感じる」
「釣り合うと感じられれば金額はいくらでも高くない」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加