取引先との関係はどうあるべきか?

ビジネスはだいたい一つの会社だけでは成り立ちません。
小売業であれば、仕入先が必要です。
製造業であれば、材料の仕入先や販売会社が必要です。
不動産業であれば、物件の修繕を行う会社が必要です。
ただ、その人達もビジネスをしており、利益を追求します。
つまり、自分の会社の役に立つ反面で、自分の会社から報酬を得ています。
そこは取引という利益相反関係が成り立ちます。
まれに社長さんで「味方がいない」と仰る方がいらっしゃいますが、
(完全ではないですが)味方といえるのは自社の社員と自分の家族くらいで、
他の取引先は少なからず上記の利益相反の関係が成り立つことがほとんどです。
そこを持ちつ持たれつでお互い成り立つように頑張る関係と捉えるか、
自分の会社からお金を取る会社と見るかはものの見方次第です。
お金は払うけど、協力してもらえる。
精一杯助け合える関係が築けるか、そこの差は大きいものです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加