「このままじゃ潰れる」という危機感を感じたら

開業したての頃や、景気・業績が悪い時、
「このままじゃ潰れる」と感じるものです。

この感覚自体は悪いものではなく、
むしろ経営者たるもの「いつ潰れてもおかしくない」
くらいの危機感は持っていていいと思います。

もっというと常にそう考え、先々のことを考えられない経営者は
状況の変化に対応できず、潰れてしまうことが多いように感じます。

さて、本題ですが。

「このままじゃ潰れる」と感じた時、どうすればいいのでしょうか?

まず現状でマズイ原因を考えましょう。

単純に赤字なのか
黒字だけど資金繰りが厳しいのか
重要な取引先と問題が起こったのか
それとも競合の出現が見込まれるのか

色々な原因があります。

まずはそれを把握することが重要です。

次に、それが財務的な問題(利益・資金繰り)であれば
借入を起こして資金繰りに余裕を持つことも選択肢です。

また、利益が出ていない場合は利益構造を見直す必要があります。

基本的に売上は「単価×客数」で決まります。
単価を上げるか、客数を増やすことで売上を伸ばさなければいけません。
そのためにどうすればいいのか?を考えましょう。

一方、単価は十分上げてある・これ以上上げられない状況で、
積極的に客数を増やすのははばかられる状況・業態の場合は、
原価を下げることを考えるべきです。

不要な仕入をしていないか、もっと安くて良い材料はないか?をきちんと確認する必要があります。

危機感をもった時が改善の時です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加