会社という船の舵を切るのが社長の仕事

経営者の能力で一番大切なものは何でしょうか?

色々な考え方があると思います。
営業力と答える方もいらっしゃいました。
社長に営業力があれば、どんな不況の時でも、売上を上げて、会社を残すことができるから、とも考えられます。
交渉力と答える方もいらっしゃいました。
顧客、取引先、社員などの内外の相手との調和を図る必要があり、特に取引先と上手に調整が図れることで、良い条件で仕事を行えるから、その分会社がうまくいくという考えです。
しかし、私は社長の最も重要な能力は意思決定能力だと思います。
会社の方針を決めるのは他ならぬ社長です。
従業員はアイデアを出すことは出来ても、それを実行するには会社としての決定が必要です。
取引先ないし、私どものようなコンサルタント・アドバイザーなども、アドバイスや提案をすることは出来ますが、それを会社に強制することは出来ません。
だからこそ、会社の進む道、とるべき方法を決定するのは他ならぬ社長ですし、そうでなければどんな素晴らしいアイデアもアドバイスもただの案で終わってしまいます。
こう言うと簡単に聞こえますが、逆に意思決定をしたからこその責任はあります。
うまくいくと思って取った方法で上手くいかない、全く効果がない、業績が下がった、会社が倒産した、などのリスクもあり、その責任を担うわけですから、簡単には意思決定できません。
だからこそ、社長は常にブレインを持っておく必要があるのでは?と感じています。
よく社長は孤独だと言われますし、実際多くの社長が相談できる相手がおらずに今後のことを悶々と考えることをよく耳にします。
私がこの仕事をしているのも、その今後の意思決定のための提案と、社長の想いを実現し、かつ会社の業績を伸ばすため、社長がより冷静に客観的に判断ができるように、サポートするためにやっています。
昨日経営方針に悩む社長の相談を頂きましたが、今後もより多くの会社の力になりたいと感じています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加