融資を活用して代償分割をスムーズに行う相続対策

相続財産の分割の際に問題となるのが、誰がどの財産を相続するか?ですが、その次に問題になってくることとして、「分けた比率に不平等が生じた場合の精算の仕方」があります。

仮に被相続人に1億円の財産があったとして、全部現金であれば分けるのは簡単です。

しかし、同じ1億円でも1つの不動産しか財産が無い場合は、共有財産にする以外分ける方法はありませんが、共有財産にすると何かとトラブルが多いことも事実です。

そこで、相続人間で差額を現金で精算することで不平等をなくすのが代償分割という方法ですが、通常これは現金によって行われます。

しかし、仮に現金が無い場合はどのように精算すればよいでしょうか?

こんな時に活用できるのが「相続対策用のローン」いわゆる融資です。

私どもの提携の銀行ですと最近は低い金利で貸してもらえるところもあり、「現金がないからうまく分割できない」というお悩みを抱えている方には非常にご好評頂いております。

現金で精算できることが一番ですが、できない場合も融資を活用してうまくいく場合もあります。

あくまでご提案している相続対策の一つですので、お客様の状況に合わせてご提案しますが、なかなかこの融資を活用するという提案がない場合が多く、私どもが選択肢の一つとして提案すると「そんな方法があるんですか?」と驚かれることも多いので、今日は書かせて頂きました。

詳しくはお問合せ下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加