オフィス移転のご相談

最近は不動産の中でもオフィス移転関係の相談が増えてきました。

一番多い理由は「今のところが手狭になった」ですね。

人の採用をした場合や、来客スペースを設けた場合など、新しいスペースが必要になってどうしても今のところでは入り切らないことが増えてきている方は割りとすぐに移転を希望されます。

しかし、最近社長さんと話していて、お話すると意外と「それ、やりたい」という声が挙がるのが「離れた場所にある機能を一箇所に統合するために広いオフィスに移転する」パターンです。

・店舗と事務所が徒歩圏とは言え別の場所にあって行ったり来たりが発生していた

・頻繁に人を集めてイベント・セミナーをしていたがそのたびに場所の確保に追われていた

などが典型的な例ですが、これらは「移動時間や会場確保の時間という小さいが積もり積もる時間のロス」を発生させています。

「日頃使う事務所スペースを必要最小限に抑え、それ以外の部分は多少賃料の安いところに借りる、必要な時だけ借りることで固定費の削減が出来る」というメリットがある反面で、上記のロスによるコストが発生します。

人手の限られた中小企業においてはそのロスしている時間が全体に占める割合が大きくなってしまうため、それによる生産性の低下・非効率性は意外と無視できないものだったりします。

それを削減することで効率の向上と従業員のモチベーションアップを図る経営者の方が多くなってきた印象です。

物件の選定から工事・引越し等の提案までさせて頂いております。

ぜひご相談下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加